拒食少女の受難 ~14歳で拒食症になった話~

こんにちは、アヤカです。ブログを読んでいただき心から感謝します。ここでは主に拒食症について私の体験談をまとめています。

初めの頃の運動・周りの反応・体の変化・心境

こんばんは

 

アヤカです

 

レポートや提出物に追われてしまい、更新がすっかり遅くなってしまいました

申し訳ありませんでした

 

合間を見つけて書くよう頑張ります

 

しかし、大学生活にもだいぶ慣れてきました

 

 

最近は雨の日が多かったように思います

 

 

私は、雨の音と雨に濡れたアスファルトの香りが大好きです

 

傘を持って行って雨が降る中、田んぼ道を一人で歩くことは

 

楽しみの一つでした

 

 

皆さんは雨の日はお好きですか?

 

 

 

さて、今日はダイエットを始めたころに何をしたのかをいっきにまとめてお話しします

 

 

 

 まず初めに運動についてお話ししたいと思います

 

 

私は、ダイエットを始めたころは

筋トレを主に行っていました

 

 

腹筋20回、腕立て20回、背筋20回、足を垂直に曲げる逆腹筋20回

 

こんな簡単なメニューから始めていきました

 

運動部でしたから、部活の休憩時間や家に帰ってお風呂に入ったあとに行っていました

 

ここから徐々に30回、50回、100回ときつくしていきました

 

 

次に周りの反応です

 

わたしは、ダイエットを部活の友達と一緒に始めました

 

しかし、まわりの人はすでにあきらめてしまったので私一人が続けている状態でした

 

同じ部活の友達は

 

よく続いているねと言ってくれたのでちょっぴり嬉しかったです

 

家族はこのことに関して特に何も言いませんでした

 

妹が筋トレをしているときに、「またやってるの、無駄でしょ!」

と茶化しにくることはありましたが気にしていませんでした

 

母は野菜を多く取り揚げ物を少な目にする私を見て、

ああ、ダイエットをしているんだ 位の認識だったと思います

 

私は、揚げ物が出た時に少な目にしたのですが

 

常に罪悪感がありました

 

せっかく母が作ってくれたのに…と

心の中でいつもごめんなさいとあやまっていました

 

 

 

次に体の変化についてです

 

 

私は食べたもののカロリーを記録につける

「レコーディングダイエット」を行っていました

 

初めのうちは、「料理名」を書いていました

 

記録を見て

 

あ、今日はお昼を多くとってしまったな とか

昨日よりも摂取したカロリーが少なかったな など、

 

一日の食事を振り返っていました

 

一度決めた事は最後までやり遂げようとする性格ですから

 

毎日一生懸命頑張りました

 

 

ついでに体重の変化も付けようと考えたので、

 

レコーディングダイエットの記録長の後ろのページに

 

体重を記録できるグラフを作りました

 

 

 

始めてしばらくたった後

 

あれ、なんだか足が細くなった?

 

と感じるようになりました

 

脂肪が落ちて引き締まってきたようでした

 

さらに、おなかも以前よりも凹んだ気がしました

 

徐々に体重を表すグラフが緩やかに右肩下がりになっていることに気づきました

 

体重が1~2キロ落ちたようです

 

 

私は本当にうれしかったです

 

自分の努力の成果が結果として表れていると感じました

 

この調子でどんどん落としていこうと意気込んでいました

 

誰かが、「あんまりやりすぎると拒食になるよ」と言っていたことを

 

ふと思い出しましたが

 

自分はしっかり管理しているから大丈夫だろうと

 

他人事のようにとらえていました

 

 

きっと、摂食障害になった多くの人は

 

まさか自分がなるとは思っていなかっただろうと思います

 

ましてや、症状がかなり深刻になっても

 

自分は拒食症ではない

 

と認めることができない人がいるでしょう

 

 

 

私は、それは当たり前だと思います

 

自分の努力や頑張ってきたことが、「病気です」なんて言われてしまったら

 

否定したくなるでしょう

 

 

話が逸れてしまいましたが

 

ここから徐々にエスカレートしていきます

 

 

 

今回はここまでにします

 

次回は、ダイエットを始めてから体重が落ちてきた中期について

お話ししたいと思います

 

ここまで読んでくださり、ありがとうございました

 

 

______________________________________________________

もし差し支えなければ、皆さんの摂食障害のご相談を受け付けています
 
きっと、同じ病気を経験した人にしかわからないこともあると思います
 
どうぞ、気軽にメールアドレスに相談しに来てください
 
最後まで読んでいただき、ありがとうございました
 
また、読みにいらしてくださいね
 
アヤカ