読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

拒食少女の受難 ~14歳で拒食症になった話~

こんにちは、アヤカです。ブログを読んでいただき心から感謝します。ここでは主に拒食症について私の体験談をまとめています。

ダイエットを始めた時にしたこと①

こんばんは

 

アヤカです

 

 

4月から大学生になるので

 

引っ越しの準備や事前学習を行っていたため、更新が遅くなってしまいました

 

申し訳ありません

 

 

 

さて、今日はダイエットを始めた時にしたことをお話ししたいと思います

 

 

 

 

 

 

友達とダイエットを一緒にすることにした私ですが

 

 

当事はダイエットという言葉を聞いても

 

「体重を落とす」

 

位の認識しかありませんでした

 

 

 

何をすればいいかわからなかったので、

 

 

始めに「筋トレ」をすることにしました

 

 

運動部でしたから、筋肉もついて一石二鳥かなと思ったからです

 

 

第一に私が設定した項目は

 

・腕立て伏せ20回

・腹筋20回

・背筋20回

・足腹筋20回(仰向けになり、足を垂直に伸ばしたまま上げるトレーニングです)

 

でした

 

今見てみると、本当に易しいメニューから始めたんですね

 

  

 

これを毎日部活が終わって帰宅した後に行いました

 

 

 

この時は、まだ体重すら測っていませんでした

 

 

それ位にダイエットを軽く行っていたということです

 

 

 

 

 

それからしばらくたって、友達とダイエットの状況を部活の休憩中に聞きあいました

  

 

話を聞いてみると

 

 

続けている人もいれば、もう辞めている人もいました

 

 

 

 

このような状況の最中に、私は

 

 

(せっかく自分でやろうと決めたことなんだから、本格的にやろう)

 

 

と、考えていました

 

 

そして

 

続けていた筋トレも自分で決めた事なんだから と

 

私の中で筋トレが「続けなくてはいけないもの」という認識になり始めていました

 

 

 

 

皆さんも

 

ちゃんとやらなくてはいけないと考えた物事が

 

おありではないかと思います

 

 

私は、いったんそういった物事ができると

 

「絶対に」やらなくてはいけない

 

と考えてしまうんです

 

もしも破ったら、死んでしまうといった勢いで…

 

 

この厄介な性分のおかげで

 

本格的にダイエットを始めることになります

 

 

 

 

今回はここまでに致します

 

 

 

少々話が逸れてしまうのですが、

 

私は

 

自分を戒めて行動すること自体は

 

とても良いことだと思います

 

 

 

しかし

 

その戒めがいきすぎてしまうと

 

必要以上に自分を苦しめるんです

 

 

 

何事もほどほどにとは言いますが…

 

そのほどほどにするという行動自体が

 

とても難しんですよね...

 

 

 
 ——————————————————
 

もし差し支えなければ、皆さんの摂食障害で体験したことをコメントに書いていただければと思います

 

ありがとうございました

 

また読みに来てくださいね

 

アヤカ