読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

拒食少女の受難 ~14歳で拒食症になった話~

こんにちは、アヤカです。ブログを読んでいただき心から感謝します。ここでは主に拒食症について私の体験談をまとめています。

遅くなりましたが、自己紹介です

こんばんは

 

アヤカです

 

 

拒食症の体験記を書く時に何を書いたらいいのかなと考えた結果、

 

初めに

 

私自身を知ってもらいたいな

 

と考えました

 

拒食症は本人の環境や性格を知ることで気持ちを理解しやすくなります

 

その人のイメージを強く固めていくために私の特徴をばーーっと

どうでもいいことも含め書いていきます

 

 

…本当にどうでもいいことも話ますよ?

 

 

 

 

 

 

では、お話させていただきます

 

 

 

 

私の家族構成です

 

父 母 一つ下の妹 祖母 私

 

の5人家族です        

 

  私は長女でした

 

親戚も多く、恵まれていました

 

家族が好きで、将来は育ててくれた感謝を込めて

たくさん親孝行しようと意気込んでいました

 

家族が喜んでくれそうなことは

積極的に行おうとしました

 

友達も多い方だと思います

 

恋愛話にはついていけたか怪しいですね

 

 

私の性格は…なんと言いましょうか

 

これ!とはっきり言いにくいんです

 

なぜなら、拒食症になる前と後で

 

様々な価値観がかなり変わってしまったからです

 

今から書くのは拒食症になる前の私です

 

↓↓↓

 

 

私は

 

どちらかと言うと真面目で、明るい方でした

 

 

長女だったこともあり、人を助けたり、勉強を教えたり、面倒をみたりすることがとても好きでした

 

保育園のころのおままごとはいつも お母さん役 でした

 

小中学校では、学級委員をしたり生徒会をしたりと色々な役を担っていました

 

他人には優しくしようと心がけ、自分に厳しいです

 

好きな食べ物は母の作ったオムレツとミネストローネでした

 

興味を持ったことはとことんハマります

 

勉強は好きだったので、学年では常にトップ層に位置にいました

(なんだか自慢話になってすみません…)

 

高校も県内で有数?の進学校へ通いました

 

私は小さい頃から計算などが好きで高校も理系コースに進みました

 

 

また、哲学がとても好きでした

 

 

資料集で偉人たちの物の概念についての考え方を読んでいると

 

「私も同じ風に考えていた」

 

となる事が多く、

親しみを感じとても楽しかったからです

 

しかし

 

本当は傷つきやすく

失敗するといつまでも引きづってしまいます

 

完璧主義なところもあり

自分で自分の首を絞めてしまうこともしばしば…

 

どちらかと言うと冗談が通じないので、考えすぎてしまいます

 

要領が良い事が原因なのか、

人から妬まれる経験が多かったと思います

 

 

…こんな感じです

 

なんとなく、こんな人かなとイメージを考えてくれれば嬉しいです

 

バーーッと一気に書いてしまいましたが

まとめてみると

 

 

・5人家族、妹が1人

・真面目で責任感がある(と思います)

・自分に厳しく、きっちりしている

・完璧主義

・傷つきやすい

・環境

 

この6つの要因が、私が拒食症になった大きな要因だと考えています

 

 こんなに毎日が充実していたのに

 

なぜ拒食症になったのでしょうか?

 

これから順を追ってお話ししていきます

 

 

今回はここまでにしておきます

自分語りが長くなって申し訳ありません

 

ここまで読んで頂きありがとうございました

 

 

——————————————————


もし差し支えなければ、皆さんの摂食障害で体験したことをコメントに書いていただければと思います

 

摂食障害について悩んでいることがあれば相談してくださいね

 

専門的な治療は出来ませんが、話すことできっと力になれると思います

ありがとうございました

また読みに来てくださいね

アヤカ