拒食少女の受難 ~14歳で拒食症になった話~

こんにちは、アヤカです。ブログを読んでいただき心から感謝します。ここでは主に拒食症について私の体験談をまとめています。

○拒食症の様々な原因

こんにちは

 

アヤカです

 

 

 

 

 

今回は、拒食症の様々は原因についてお話します

 

前々回記事の

「③どんな人が発祥しやすいのか」では

年齢と性格に重点を置いてお話をしました

 

 

 

しかし、拒食症には他にも様々な原因があるんです

 

 

①環境


環境という外的要因も大きく関係しています

 

拒食症を発祥する人の多くは、

 

痩せていることがよいと認識せざるをえない環境

 

にいることが多いです

 

わかりやすい例えだと…

 

若い女の子の間では

 

雑誌には細いモデルさんが載っていたり

 

おしゃれで可愛い洋服を着ていたりと

 

まるで、痩せていることに価値があると言っているかのように

社会やメディアが語っています

 

そうやって形成された価値観は

 

女の子たちに

痩せていることが理想

 

という恐ろしい価値観を生み出すんです

 

 

痩せていないといけないと考えされるような環境の中で

 

全く安心して食べ物を食べられる人は

 

いるのでしょうか?

 

 

 

 

 

 

また、

 

幼少期または現在進行形で

 

・虐待を受けている

 

・親からの十分な愛情を受けていない

 

これらも拒食症の原因になります

 

ですから、アダルトチルドレンに多いと言うことです

 

 

アダルトチルドレン(AC)とは、

大人っぽい子供という意味ではなく

幼少期に受けた心的外傷のために

大人になって生き辛さを感じ苦しんでいる人のことを指します

 

ここでは深く追求しませんが、

アダルトチルドレンには種類がいくつかあるので調べてみてください

 

 

自分に自信がないため、

 

「せめて痩せて恥ずかしくないようにしよう」

 

と考えてしまい、そこから拒食症に発展してしまうのでしょう

 

 

実は、拒食症を発症した人は

 

母親との関係に問題があった人が多い

 

と言われています

 

 

私は

 

アダルトチルドレンや母親との関係を聞いた時に

 

言われてみればそうかもしれない…と

思いました

 

アダルトチルドレンの特徴に当てはまりすぎて、正直びっくりしてしまいました

 

母親は客観的に見ると、過干渉と無関心な所がありました

 

私は心のどこかで、自分にも見えないストレスを溜めていたことに気づきました

 

拒食症になった時は

 

母親に自分のことをみてほしかった

 

そんな小さな願望が含まれていたことに後で気づいたのです

 

 

拒食症になった人の中で

 

親の無関心を経験した人は

 

少なからずこの願望は存在していると

思います

 

 

 

②ストレス

 

 

日常生活で受けたストレスによる

 

気分の落ち込みなどから

 

食欲減退の症状を発症し、拒食症につながる場合があります

 

鬱病」の人は特に注意が必要です

 

 

ストレスからの拒食症は

 

ダイエットなどからの拒食症と比べると

 

「食べることへの意欲」

 

について違いがあるように思われます

 

 

ダイエットなどからの拒食症は

 

「食べたいが抑えている」

 

「食べることが怖い」

 

こんな風に考えていますが、

 

ストレスからくる拒食症は

 

「食べたいと思わない」んですね

 

 

 

 

 

他の原因には、

「遺伝」などが存在します

 

遺伝については詳しく知らないのですが

 

同じ環境に存在しやすく、性格にも似た所があると考えると

 

拒食症になるまでの考え方も同じようになってしまうから

 

ではないかと考えています

 

 

 

 

さて

 

 私は前の記事の①拒食症とは?

 

※→http://kyosyoku-syouzyo-aaa.hatenablog.com/

 

 の中で、拒食症になるのは単純な理由ではないとお話ししました

 

 

前々回の③の記事と今回の記事で

拒食症の原因について詳しく話しましたが…


お気づきの方はいらっしゃるでしょうか?

 

 

 

その理由は、

 

 

 これらの1つ1つの拒食症の原因が

密接な関係にあるからなんです

 

 

 

性格は幼少期の環境が

大きく関わっていますし


ダイエットも

痩せることが良いと

思わせるような環境にいたからこそ
考えることなんです

 

様々な所に引き金となるものがあるので

 

拒食症の原因はこれ!

 

と言える断定は簡単にはできません

 

 

つまり、当然治療も難しくなります

 

 

 

だからこそ、治療には理解と協力が重要になってくるんですね

 

 

 

 

今回はここまでです

 

閲覧ありがとうございました!

 

——————————————————


もし差し支えなければ、

皆さんの摂食障害で体験したことなどを

コメントに書いていただけますか?

 

摂食障害について悩んでいることがあれば相談してくださいね

 

専門的な治療は出来ませんが、話すことできっと力になれると思います

ありがとうございました

また読みに来てくださいね

アヤカ