読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

拒食少女の受難 ~14歳で拒食症になった話~

こんにちは、アヤカです。ブログを読んでいただき心から感謝します。ここでは主に拒食症について私の体験談をまとめています。

○ 拒食症 ③どんな人が発症しやすいのか

こんにちは

 

アヤカです

 

 

最近は風が強い日が多くて

外を歩くのが大変ですね…

 

 

 

さて、間がかなり空いてしまいましたが今日は前回の続きです

 

 

前回、拒食症についてのお話をしました

 

 今回は、

 

③どんな人が発祥しやすいのか

 

についてお話し致します

  

※前回の記事の続きです

閲覧していない方は下の記事からお読みください

↓↓↓↓↓

 http://kyosyoku-syouzyo-aaa.hatenablog.com/entry/2016/12/12/165601

 

 

③どんな人が発祥しやすいのか

 

皆さんは、どんな人が拒食症になりやすいと思いますか?

 

まず、年齢の観点から見ていくと

 

10代から20代の女性

 

が発祥するケースが多いようです

 

やはり、この年代の子は世間の目を気にする人も多いのですから

 

ダイエットをして、そのまま拒食につながる

 

この発祥の仕方が多いので自然と年齢は若い女の子に増えていくのでしょう

 

 

では、性格面ではどうでしょう?

 

一番に思い浮かぶ性格の人は…

 

・痩せたいと強く考えている人

 

・いつもダイエットについて考えている人

 

などが挙げられると思います

私の友人に同じ質問をしたところ、上の2つの性格が多く挙げられていました

 

 

 

 

しかし、この性格は少し違っています

 

確かに、痩せへの願望があるという点では当てはまる人もいらっしゃいますが、

  

本当になりやすい人の特徴は

 

・真面目で完璧主義な人

 

・自己顕示欲が低い、自分を責めやすい人

 

・努力家な人

 

なんです

 

つまり

 

毎日 「ダイエットしなきゃ〜」

と呟きゆるゆるダイエットをする人

 

よりも

 

優等生でいい子のようなタイプの人

 

の方が発祥しやすいんです

 

何故「いい子」と呼ばれる人の方が発祥しやすいのでしょうか?

 

では、帰納的に考えてみましょう

 

理由は

拒食症の発祥の仕方

にヒントがあります

 

拒食症を発祥する経緯は大まかに描くとこのパターンが一番多いのではないかと思います

 

ダイエットを始める

            ↓

止められなくなる

            ↓

    拒食症になる

 

 

ダイエットを始めるという点では、普通の人と変わりはありません

 

しかし、最も注目するべき点は、

 

「やめられなくなる」

 

という点なんです

 

私は「やめられなくなる」の一言で簡単に書きましたが

 

そもそも、ダイエットに対しての意識が

違います

 

自分で体重を減らすという目標を立てたからには、しっかりと守らなくてはいけない

 

こう考えるんです

 

ですから

カロリーをきっちりと記録したり

下剤を使用して

完璧に体重を減らそうとします

 

徹底的に目標をこなす努力をしようとするんです

 

そして、体重が落ちて目標達成‼︎おしまい!

 

 

 

…とはならないんです

 

体重を落とした後、今度は

 

「その体重を維持していかなくてはいけない」

 

この考えが拒食症にとってとても重要な点だと思います

 

体重を維持するためには

 

今の続けている努力を止めるわけにはいかない

もし、今の努力を止めたら

また元の体重に戻ってしまうかもしれない

 

このように考えてしまう人が多いようです

 

こうして体重増加への恐怖が生まれます

 

完璧主義は人は、

体重増加だけだはなく

目標を達成できないことへの恐怖

も同時にありますから余計に事態は深刻になりやすいんです

 

結果、ダイエットがやめられなくなってしまいます

 

きっちり物事をこなそうとする性格が返って仇になってしまうんです

 

ですから、この考え方をする特徴がある

真面目な人、完璧主義な人

などが自然と多くなるんですね

 

しかし

あくまで発祥しやすい人の性格であり、私はそこに重点を置いて記事を書きましたが

 

当然そうでない方も拒食症になる可能性は存在します

 

何故なら、年齢や性格だけが拒食症の原因ではないからです

 

これについて、「④治療法」の説明が終わった後に詳しくお話します

 

 

 

 今回はここまでにします

 

④の治療法も一緒に書くと長くなってしまいそうなので分割をしたいと思います

 

申し訳ありません 

 

 

 

 

 

——————————————————


 もし差し支えなければ、皆さんの摂食障害で体験したことをコメントに書いていただければと思います

 

摂食障害について悩んでいることがあれば相談してくださいね

 

専門的な治療は出来ませんが、話すことできっと力になれると思います
 
 ありがとうございました
 
また読みに来てくださいね
    
アヤカ