読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

拒食少女の受難 ~14歳で拒食症になった話~

こんにちは、アヤカです。ブログを読んでいただき心から感謝します。ここでは主に拒食症について私の体験談をまとめています。

○ 拒食症 ①拒食症とは? ②症状

こんにちは

アヤカです

最近、急に温度が下がり冷え込んできました

みなさん風邪を引かないように気をつけてくださいね

 

 

更新が大幅に遅くなってしまい申し訳ありません

 

受験生の身ということもあり、しばらくはまた更新が停滞してしまうと思います

ご迷惑をおかけします

 

 

 

 

 

さて、今日の大きな話題は

「拒食症」

です

4つのプロセスに分けてお話し致します

 

①拒食症とは

 

②症状

 

③どんな人が発祥しやすいのか

 

④治療法

 

 

 

 

 

 

①拒食症とは

 

まず初めに、拒食症とはどんなものなのか?

簡単に説明しますと、

 

「何らかの原因で食べ物への恐怖、抵抗のために

ものをたべなくなってしまう症状」です

 

 

原因は人によりけりですから、これ!と断定しにくいのですが

 

 

主な原因は

ダイエット だと思います

 

女性でしたら、

「綺麗になりたい」

「美しくなりたい」

「健康になりたい」

「太りたくない」

とお考えになる方が多いことでしょう

それらの理由からダイエットを始めるわけです

 

しかし、ある程度ダイエットをすると

 

「ダイエットハイ」と呼ばれるダイエットが成功して止められなくなる症状

 

に陥りやすくなり、

また、痩せなければ今以上の負荷をかけたりと…

 

こうしてエスカレートしていき自分自身が止められなくなります

 

そのうち、

ダイエットを止めたらまた太るのではないか

など、複雑な心境に悩まされます

そして

食べ物が怖い

と感じたり

食べることへの罪悪感をも感じたりするようになります

 

結果、「拒食症」となってしまうのです

 

 

私の拒食症のきっかけもダイエットでした

 

皮肉なことに、ここまでくると綺麗にも健康にも程遠い領域に足を踏み入れています

そして、それに気付かず、周りが見えなくなってしまいエスカレートするのです

 

 

他の原因としては、

ストレス  鬱  

など、病気が引き金となる例も挙げられます

またとある理由で痩せなくてはいけない状況にあり、結果として止められなくなってしまうというケースもあります

 

 

私の友人に同じく拒食症になった方が2人います

 

1人は、もともと生まれつき胃が弱く食も細い女の子です

 

ある時胃に炎症が見つかり、食事を制限しなくてはいけなくなりました

 

そこから、もともとあまり食べない事も災いして食べ物を受け付けなくなったそうです

 

 

もう1人の方は、陸上部の女の子です

 

大会に出る為に体重を落とさなければならない状況にあり、そこから拒食症に発展してしまったそうです

 

 

これらの例から分かるとおり、

拒食症は人によって原因が様々です

 

また、私の見解ですが

拒食症の原因は単純なものではない

いくつもの複雑な環境、心境が混ざり合って発祥してしまう

と考えています

 

その理由は後に説明致します

 

 

 

②症状

 

・拒食症の名のとおり

食べ物を食べなくなる(食欲不振)

 

・ものを食べなくなり、摂取カロリーも必然的に低くなるため体重の減少もみられる

 

痩せへの強い願望があり過度の食事制限をしようとする

 

・体内から食べ物を少しでも出そうとするために下剤の乱用もみられる

 

・体重は低いのに、自分はまだ太っていると思い込むようになる

 

過食症になりやすくなる

 

・その他には、精神面だけでなく身体面でも異常がでてくる

 

例として、

肌にハリがなくなる

脈が遅くなったり乱れる(不整脈など)

髪の毛が抜けやすくなる

力が入らなくなる 

頭がぼーっとして働かない

疲れやすくなる

むくみやすくなる

脱水症状

女性の場合生理が止まる、遅れる

 

こんな感じでしょうか…

言い出したらキリがありません

 

 

私が体験した拒食症の症状の中では、

 

過食症へ移る

 

これが最も辛かったです 本当に

 

なぜなら、体重減少という症状は

「自分が理想とする状態にあるため、幸せを感じているから」です

 

食事制限は、自分の目標を達成するための手段だったので苦痛もあまり感じず むしろ一生懸命行っていました

 

 

しかし、過食症は体重増加という大きな症状があります

この症状は過食症のほとんどの方が伴うと思われます

 

まだ痩せへの強い願望は続いているのに、自分を止められずに無心で食べ続ける

 

本当に恐怖そのものでした

 

詳しくは過食症の話題の時にお話し致します

 

 

 

さて、この後ですぐに

③どんな人が発祥しやすいのか    と

④治療法

について記述しようと思ったのですが…

これ以上長くなると読みにくくなると判断したため後日新しい記事に記述致します

 

 

 

拒食症について少しご理解いただけたでしょうか?

 

もっと細かく知りたいと考えられた方がいらっしゃったら、御自身で調べてみる事をおすすめします

 

 

——————————————————

 もし差し支えなければ、皆さんの摂食障害で体験したことをコメントに書いていただければと思います

 

 ありがとうございました

 

また読みに来てくださいね

    

アヤカ