読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

拒食少女の受難 ~14歳で拒食症になった話~

こんにちは、アヤカです。ブログを読んでいただき心から感謝します。ここでは主に拒食症について私の体験談をまとめています。

ダイエットを始めた時にしたこと②

こんばんは

 

アヤカです                                         

 

 

前回は

 

筋トレを初めてからしばらくたち、

 

ダイエットを本格的に行う決意表明をしたところまででしたね

 

 

今日はこのダイエットを始めた時にしたこと①の

 

 

続きをお話ししたいと思います

 

 

 

本格的に取り組もうと考えた私ですが

 

筋トレだけでは足りないのではないか

 

と考えていました

 

 

ですから次に

 

インターネットで「ダイエットに関する情報」を手あたり次第集めました

 

その結果、

 

「体重を測ったほうが良い」

 

という結論に至りました

 

 

 

また、食べ物に関しては

 

「○○ダイエット」という言葉が

 

多く飛び交っていたのですが

 

個人的に体に悪そうと感じていたので

 

やはり、栄養バランスをしっかり考えた方がよいと思いました

 

 

 

 

以上から、私は

 

「カロリーの記録を付けること」

 

これを実践しようと思いました

 

 

文字通り、食べたもののカロリーを記録していくんです

 

 

普段食べているものを視覚化することで

 

食べる量をセーブできますし

 

食べ物の種類を見てバランスが取れた食事を摂取できると考えました

 

 

 

 

同時進行で体重の記録を取り、

 

その日の筋トレのメニューを行ったかどうかのチェックを付けられれば

 

効率が良いだろうと判断しました

 

 

 

これは後に、

 

「レコーディングダイエット」

 

と言う名前だったことを知りました

 

 

 

 

 

私のダイエットのスタンスは

 

「筋トレを兼ねたレコーディングダイエット」

 

だったということです

 

 

 

しかし、いざ記録を付けようと思いましても

 

後で見返したときに

 

どれだけ多く食べたかがわからないと

 

次に反省して生かすことができません

 

 

ですから、食べ物に関する基準値を調べました

 

 

 

 

それにより

 

私の当時の身長、体重、運動量からでたカロリーの目安を知り

 

 

一日1200カロリーまで摂取してよいことに決めました

 

 

これに私が後で強く縛られることになります…

 

 

こうして、私の一日は

 

 

朝食を食べて記録

昼食を食べて記録(平日は給食で、休日は家のご飯です)

部活で運動

家で筋トレ

夕食を食べて記録

 

大まかにこのような感じでした

 

 

 

しかし、食べ物の数だけカロリーも違いますよね

 

記録を付けようと決めたときには、カロリーという概念は

 

名前くらいしかわかりませんでした

 

 

始めのうちは

 

何かを食べた時、同時に携帯でカロリーを調べる

 

または

 

食べ終わってから携帯でカロリーを調べる

 

というスタイルでした

 

 

同時進行で、バランスの良い食事について調べていました

 

探せば探すほどにたくさんの情報が出てきてびっくりしました

 

 

 

しかし、

 

一を聞いて十を知りたくなる性分で

 

新しいことを知るのが大好きでしたので

 

私はとてもわくわくしていました

 

 

この情報をすべて覚えたらより体重を落とせる、と

 

思っていました

 

 

 

私の中では、

 

ダイエット=痩せる

 

 

この式が出来上がっていたんです

 

 

 

 

 

 

今回はここまでに致します

 

 

  ——————————————————
 


もし差し支えなければ、皆さんの摂食障害で体験したことをコメントに書いていただければと思います


 
ありがとうございました
 


また読みに来てくださいね
 


アヤカ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ダイエットを始めた時にしたこと①

こんばんは

 

アヤカです

 

 

4月から大学生になるので

 

引っ越しの準備や事前学習を行っていたため、更新が遅くなってしまいました

 

申し訳ありません

 

 

 

さて、今日はダイエットを始めた時にしたことをお話ししたいと思います

 

 

 

 

 

 

友達とダイエットを一緒にすることにした私ですが

 

 

当事はダイエットという言葉を聞いても

 

「体重を落とす」

 

位の認識しかありませんでした

 

 

 

何をすればいいかわからなかったので、

 

 

始めに「筋トレ」をすることにしました

 

 

運動部でしたから、筋肉もついて一石二鳥かなと思ったからです

 

 

第一に私が設定した項目は

 

・腕立て伏せ20回

・腹筋20回

・背筋20回

・足腹筋20回(仰向けになり、足を垂直に伸ばしたまま上げるトレーニングです)

 

でした

 

今見てみると、本当に易しいメニューから始めたんですね

 

  

 

これを毎日部活が終わって帰宅した後に行いました

 

 

 

この時は、まだ体重すら測っていませんでした

 

 

それ位にダイエットを軽く行っていたということです

 

 

 

 

 

それからしばらくたって、友達とダイエットの状況を部活の休憩中に聞きあいました

  

 

話を聞いてみると

 

 

続けている人もいれば、もう辞めている人もいました

 

 

 

 

このような状況の最中に、私は

 

 

(せっかく自分でやろうと決めたことなんだから、本格的にやろう)

 

 

と、考えていました

 

 

そして

 

続けていた筋トレも自分で決めた事なんだから と

 

私の中で筋トレが「続けなくてはいけないもの」という認識になり始めていました

 

 

 

 

皆さんも

 

ちゃんとやらなくてはいけないと考えた物事が

 

おありではないかと思います

 

 

私は、いったんそういった物事ができると

 

「絶対に」やらなくてはいけない

 

と考えてしまうんです

 

もしも破ったら、死んでしまうといった勢いで…

 

 

この厄介な性分のおかげで

 

本格的にダイエットを始めることになります

 

 

 

 

今回はここまでに致します

 

 

 

少々話が逸れてしまうのですが、

 

私は

 

自分を戒めて行動すること自体は

 

とても良いことだと思います

 

 

 

しかし

 

その戒めがいきすぎてしまうと

 

必要以上に自分を苦しめるんです

 

 

 

何事もほどほどにとは言いますが…

 

そのほどほどにするという行動自体が

 

とても難しんですよね...

 

 

 
 ——————————————————
 

もし差し支えなければ、皆さんの摂食障害で体験したことをコメントに書いていただければと思います

 

ありがとうございました

 

また読みに来てくださいね

 

アヤカ

 

拒食症のきっかけはダイエットでした

こんにちは

 

アヤカです

 

 

国立の二次試験も終わってやっと、肩の荷が下りた気分です

 

 

間が空いて申し訳ありませんでした

 

 

さて、今日は本記事においても重要な

 

拒食症になったきっかけ

 

をお話ししたいと思います

 

 

 

 

 

拒食症になったのは中学生の時でしたが

 

当時の私の中学校は学年序列がはっきりとしていて

 

とても先輩が怖いと評判でした

 

挨拶はしっかりすることは勿論ですが、

 

服装もきちんとしないと目をつけられる

 

と言われていたので、一年生の殆どは大人しく過ごす

 

という人が多かったです

 

勿論、優しい先輩もいましたよ

 

 

 

…一年生の頃はあまり良い思い出はありませんでした

 

私は昔から目を付けられやすかったので…

 

同じ部活の女の先輩にはよく思われていませんでした

 

他の同級生と私の扱いは見て分かるほどに違っていました

 

普段は優しく接してくれる同級生ですが、

 

時には根も葉もない噂を立てられたこともありました

 

 

 

 

いつだったか、部活の女子の総当たり戦で先輩全員に勝ってしまったんです

 

他のことに関しても

私のことが気に入らなかったんだと思います

 

心当たりがありませんでしたが、 

私は先輩に何かしたのだろうかといつも疑問に思っていました

 

 

でも、私に問題があったのでしょう

 

 

そんな中学校で生活をしていました

 

 

 

 

 

 

私が中学2年生だった時のことです

 

まだ、2年生になりたての時期でした

 

私は卓球部に所属していました

 

男女あわせて、学校の全ての部活内でも人数は多い方でした

 

私の学年の女の子は私を含めて5人いました

 

休憩中に

 

(その時期は皆仲良しでしたよ)

同級生の女子の中で、

 

ダイエットの話になりました

 

みんなでダイエットを始めて体重を減らそう!

 

と意気込んで、それぞれ取り組むことにしました

 

他の友達は途中でやめてしまったと思います

 

 

私は、小さい頃から自分の体型を気にしていましたので

 

 

この機会だから真面目に取り組もうと決心して臨みました

 

 

 

 

なんだか、いつもより内容が乱雑になってしまいました

 

辛いことを書こうとすると

 

どうもうまくまとめられなくて…

 

しかし、少しでも読みやすくなるように

頑張ります

 

 

 ——————————————————

 


もし差し支えなければ、皆さんの摂食障害で体験したことをコメントに書いていただければと思います

ありがとうございました

また読みに来てくださいね

アヤカ

 

 

遅くなりましたが、自己紹介です

こんばんは

 

アヤカです

 

 

拒食症の体験記を書く時に何を書いたらいいのかなと考えた結果、

 

初めに

 

私自身を知ってもらいたいな

 

と考えました

 

拒食症は本人の環境や性格を知ることで気持ちを理解しやすくなります

 

その人のイメージを強く固めていくために私の特徴をばーーっと

どうでもいいことも含め書いていきます

 

 

…本当にどうでもいいことも話ますよ?

 

 

 

 

 

 

では、お話させていただきます

 

 

 

 

私の家族構成です

 

父 母 一つ下の妹 祖母 私

 

の5人家族です        

 

  私は長女でした

 

親戚も多く、恵まれていました

 

家族が好きで、将来は育ててくれた感謝を込めて

たくさん親孝行しようと意気込んでいました

 

家族が喜んでくれそうなことは

積極的に行おうとしました

 

友達も多い方だと思います

 

恋愛話にはついていけたか怪しいですね

 

 

私の性格は…なんと言いましょうか

 

これ!とはっきり言いにくいんです

 

なぜなら、拒食症になる前と後で

 

様々な価値観がかなり変わってしまったからです

 

今から書くのは拒食症になる前の私です

 

↓↓↓

 

 

私は

 

どちらかと言うと真面目で、明るい方でした

 

 

長女だったこともあり、人を助けたり、勉強を教えたり、面倒をみたりすることがとても好きでした

 

保育園のころのおままごとはいつも お母さん役 でした

 

小中学校では、学級委員をしたり生徒会をしたりと色々な役を担っていました

 

他人には優しくしようと心がけ、自分に厳しいです

 

好きな食べ物は母の作ったオムレツとミネストローネでした

 

興味を持ったことはとことんハマります

 

勉強は好きだったので、学年では常にトップ層に位置にいました

(なんだか自慢話になってすみません…)

 

高校も県内で有数?の進学校へ通いました

 

私は小さい頃から計算などが好きで高校も理系コースに進みました

 

 

また、哲学がとても好きでした

 

 

資料集で偉人たちの物の概念についての考え方を読んでいると

 

「私も同じ風に考えていた」

 

となる事が多く、

親しみを感じとても楽しかったからです

 

しかし

 

本当は傷つきやすく

失敗するといつまでも引きづってしまいます

 

完璧主義なところもあり

自分で自分の首を絞めてしまうこともしばしば…

 

どちらかと言うと冗談が通じないので、考えすぎてしまいます

 

要領が良い事が原因なのか、

人から妬まれる経験が多かったと思います

 

 

…こんな感じです

 

なんとなく、こんな人かなとイメージを考えてくれれば嬉しいです

 

バーーッと一気に書いてしまいましたが

まとめてみると

 

 

・5人家族、妹が1人

・真面目で責任感がある(と思います)

・自分に厳しく、きっちりしている

・完璧主義

・傷つきやすい

・環境

 

この6つの要因が、私が拒食症になった大きな要因だと考えています

 

 こんなに毎日が充実していたのに

 

なぜ拒食症になったのでしょうか?

 

これから順を追ってお話ししていきます

 

 

今回はここまでにしておきます

自分語りが長くなって申し訳ありません

 

ここまで読んで頂きありがとうございました

 

 

——————————————————


もし差し支えなければ、皆さんの摂食障害で体験したことをコメントに書いていただければと思います

 

摂食障害について悩んでいることがあれば相談してくださいね

 

専門的な治療は出来ませんが、話すことできっと力になれると思います

ありがとうございました

また読みに来てくださいね

アヤカ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カデコリーを活用します!

新しく記事をカデコリーに分類することにしました!

 

現在のカデコリーは

 

「拒食症の体験」

 

「説明」

 

「その他」

 

になっています

 

拒食症の体験 では、私の具体的な体験をお話し致します

 

説明 は、それぞれの病気についての症状についてお話し致します

 

その他は、以上のどれにも当てはまらないと考えたお話しを分類します

 

 

 

これで、過去の記事も見やすくなるかと思います

 

 

❗️体験記を閲覧する前に必ずお読みください

こんばんは

 

アヤカです

 

 

私は大事なことを話すのを忘れていました

 

 

これから拒食症の体験記を書く前に伝えたいことがあります

 

 

この体験記では、

拒食症がどんなに辛いものかを書いていきます

 

拒食症を促進するような意図はございません

 

私は起こったこと、感じたことをありのままに書くつもりです

 

ですから、記事の中に

 

不快な気分にさせてしまう内容

 

もございます

 

閲覧注意の範囲に入りそうな時は

 

記事のタイトルに「閲覧注意」と記載するつもりです

 

 

閲覧注意と書かれた記事を

 

特に食事中に読むことは避けてください

 

 

 

批判されることも十分承知です

 

幻滅されてもかまいません

 

 

それでも、

 

ただ

 

拒食症で苦しんでいる方々に

 

私みたいな人がいるということ

 

知ってもらいたいんです

 

 

拒食症を知らない方々に

 

どんなに拒食症が辛いか

 

知ってほしいだけなんです

 

 

どうか、ご理解ください

 

 

 

それでは、体験談を書いていこうと思います

 

 

今日も記事を閲覧していただき

 

ありがとうごさいました

 

 

——————————————————


もし差し支えなければ、

 

皆さんの摂食障害で体験したことなどを

 

コメントに書いていただけますか?

 

摂食障害について悩んでいることがあれば気軽に相談してくださいね

 

 

専門的な治療は出来ませんが、

 

話すことできっと力になれると思います

 

また読みに来てくださいね

 

 

アヤカ

 

 

 

 

○拒食症の様々な原因

こんにちは

 

アヤカです

 

 

 

 

 

今回は、拒食症の様々は原因についてお話します

 

前々回記事の

「③どんな人が発祥しやすいのか」では

年齢と性格に重点を置いてお話をしました

 

 

 

しかし、拒食症には他にも様々な原因があるんです

 

 

①環境


環境という外的要因も大きく関係しています

 

拒食症を発祥する人の多くは、

 

痩せていることがよいと認識せざるをえない環境

 

にいることが多いです

 

わかりやすい例えだと…

 

若い女の子の間では

 

雑誌には細いモデルさんが載っていたり

 

おしゃれで可愛い洋服を着ていたりと

 

まるで、痩せていることに価値があると言っているかのように

社会やメディアが語っています

 

そうやって形成された価値観は

 

女の子たちに

痩せていることが理想

 

という恐ろしい価値観を生み出すんです

 

 

痩せていないといけないと考えされるような環境の中で

 

全く安心して食べ物を食べられる人は

 

いるのでしょうか?

 

 

 

 

 

 

また、

 

幼少期または現在進行形で

 

・虐待を受けている

 

・親からの十分な愛情を受けていない

 

これらも拒食症の原因になります

 

ですから、アダルトチルドレンに多いと言うことです

 

 

アダルトチルドレン(AC)とは、

大人っぽい子供という意味ではなく

幼少期に受けた心的外傷のために

大人になって生き辛さを感じ苦しんでいる人のことを指します

 

ここでは深く追求しませんが、

アダルトチルドレンには種類がいくつかあるので調べてみてください

 

 

自分に自信がないため、

 

「せめて痩せて恥ずかしくないようにしよう」

 

と考えてしまい、そこから拒食症に発展してしまうのでしょう

 

 

実は、拒食症を発症した人は

 

母親との関係に問題があった人が多い

 

と言われています

 

 

私は

 

アダルトチルドレンや母親との関係を聞いた時に

 

言われてみればそうかもしれない…と

思いました

 

アダルトチルドレンの特徴に当てはまりすぎて、正直びっくりしてしまいました

 

母親は客観的に見ると、過干渉と無関心な所がありました

 

私は心のどこかで、自分にも見えないストレスを溜めていたことに気づきました

 

拒食症になった時は

 

母親に自分のことをみてほしかった

 

そんな小さな願望が含まれていたことに後で気づいたのです

 

 

拒食症になった人の中で

 

親の無関心を経験した人は

 

少なからずこの願望は存在していると

思います

 

 

 

②ストレス

 

 

日常生活で受けたストレスによる

 

気分の落ち込みなどから

 

食欲減退の症状を発症し、拒食症につながる場合があります

 

鬱病」の人は特に注意が必要です

 

 

ストレスからの拒食症は

 

ダイエットなどからの拒食症と比べると

 

「食べることへの意欲」

 

について違いがあるように思われます

 

 

ダイエットなどからの拒食症は

 

「食べたいが抑えている」

 

「食べることが怖い」

 

こんな風に考えていますが、

 

ストレスからくる拒食症は

 

「食べたいと思わない」んですね

 

 

 

 

 

他の原因には、

「遺伝」などが存在します

 

遺伝については詳しく知らないのですが

 

同じ環境に存在しやすく、性格にも似た所があると考えると

 

拒食症になるまでの考え方も同じようになってしまうから

 

ではないかと考えています

 

 

 

 

さて

 

 私は前の記事の①拒食症とは?

 

※→http://kyosyoku-syouzyo-aaa.hatenablog.com/

 

 の中で、拒食症になるのは単純な理由ではないとお話ししました

 

 

前々回の③の記事と今回の記事で

拒食症の原因について詳しく話しましたが…


お気づきの方はいらっしゃるでしょうか?

 

 

 

その理由は、

 

 

 これらの1つ1つの拒食症の原因が

密接な関係にあるからなんです

 

 

 

性格は幼少期の環境が

大きく関わっていますし


ダイエットも

痩せることが良いと

思わせるような環境にいたからこそ
考えることなんです

 

様々な所に引き金となるものがあるので

 

拒食症の原因はこれ!

 

と言える断定は簡単にはできません

 

 

つまり、当然治療も難しくなります

 

 

 

だからこそ、治療には理解と協力が重要になってくるんですね

 

 

 

 

今回はここまでです

 

閲覧ありがとうございました!

 

——————————————————


もし差し支えなければ、

皆さんの摂食障害で体験したことなどを

コメントに書いていただけますか?

 

摂食障害について悩んでいることがあれば相談してくださいね

 

専門的な治療は出来ませんが、話すことできっと力になれると思います

ありがとうございました

また読みに来てくださいね

アヤカ